トップページ > 技術情報 > シンジーテックのミニセル技術
シンジーテックのミニセル技術
ミニセルはシンジーテックの独自技術から生まれたユニークで画期的な高機能ゴム素材です。シリコーンゴムと水を乳化させ、微細な単胞セルとすることで得られる性能がミニセルの最大の特徴です。
シンジーテックのミニセル技術
ウレタンやNBRを素材とするスポンジ及びシリコンにおいて、通常スポンジは発泡製法で作られることが多いのですが、ミニセルはエマルション製法のため、セル直径が20~50μm(発泡シリコーンスポンジの1/10以下)と、非常に微細となり真球の形状を維持します。この真球状のセルにより、同種材料であるシリコーンスポンジに比べ、軽量で耐久性・断熱性が格段に高くなりました。ミニセルのこうした特徴を事務機器のIH定着部品分野で生かすことで最高峰といわれる性能を実現しました。
ミニセル(写真上)と通常のシリコーンスポンジ(写真下)
電子顕微鏡拡大写真(50倍)
事務機器の高機能化への要求にお応えするために開発されたミニセルですが、他の用途も検討されています。セルが独立した状態の単胞ミニセルだけでなく、ある程度連結させた状態の連胞タイプは単胞タイプに比べ弾力性に富んでいます。また、ミニセルを熱硬化した中間体では、セルの中に水微粒子を閉じ込めたまま”ゴム”としての特性も保持するユニークな物質で、最大で体積の約50%の水分を保持します。また、型成形が可能なため、様々な形状で提供することも可能。製造時に発生する有害物質も少ない環境に優しい素材として他分野のへの展開が期待されています。
ミニセルに関する情報にご興味のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。